融資の窓口


知らない経営者は損をする
国によって3600億円がバラ撒かれる

4

200万円の給付だけで十分ですか?

新型コロナウイルス感染症による甚大な影響を受けて、安
倍政権は108兆円規模の緊急経済対策を行う決定をしま
した。このなかで5月以降順次、中小企業向けに1社あた
り最大200万円の経営支援給付金を給付してくれるそう
です。

200万円もらえる、と聞くとそれは有り難いことです
が、今回の新型コロナの影響を200万円だけで回復でき
るでしょうか?

緊急融資の必要性

令和元年度の補正予算3600億円が「生産性革命推進事
業」という名目で中小企業や零細企業の事業継続や設備投
資あるいは販路開拓などの名目で制度融資として貸し付け
られたり、補助金として交付されることが決定していま
す。

日本には「会社」の数が421万社あるのですが、そのうち
の99.7%にあたる419万社は資本金が1億円未満の中小企
業です。さらに言うと、そのうちの87%の366万社が従業
員5名以下の小規模事業者です。

5

そして私も含めてこの小規模事業者は、ちょっとした景気
の波によって業績は大きく変動し、最悪のケースでは転覆
し倒産してしまうリスクに常にさらされますよね。

なかでも倒産する企業のおよそ半数は、いわゆる「黒字倒
産」です。黒字倒産とは、会計上は「黒字」つまり利益が
出ているにもかかわらず倒産してしまうことです。この原
因はなにか?

それはズバリ「資金繰り」つまり「お金」が回らなくて倒
産してしまうということなんです。

例えば、あなたが雑貨店を経営していたら分かりやすいか
もしれませんが、店舗を作るための設備資金や、商品を仕
入れるための仕入れ資金などを先行して支払い、資金回収
は商品が売れた時、つまり実際にお客さんが会計をしてく
れた時にようやくお金が入ってきます。

ところが最近では、クレジットカード払いやPayPayなどに
代表される電子決済が急速に普及するなかで、代金回収の
タイミングはどんどん遅くなっている現状があります。

お店や会社にとって「お金」とは血液みたいなものです。
いくら肉体や臓器が健康であっても血液が循環しなくなっ
てしまうと人は死んでしまいます。会社経営もこれと同様
にいくら黒字でも、それを回すお金がなくなってしまうと
倒産してしまうのです。

6

そういう意味では、新型コロナの影響が膨らんでいる現在
は、多くのお店や企業が瀕死の状態にあると言っても過言
ではありません。そこで必要な措置がなにか? それは「緊
急輸血」です。経営では「緊急融資」がいま必要なのでは
ないでしょうか?





Copyright © 融資の窓口 All Rights Reserved.