融資の窓口


お金が無くなったらおしまい

事業を続けていくためにはとにもかくにも「お金」が必要
です。創業時は様々な支援融資の制度があり比較的お金が
借りやすいものですが、事業を継続していくためにお金が
足りなくなってきたからと言って、普通は金融機関から追
加で融資を受けるのは創業時とは異なりハードルが高くな
ります。

よく銀行は「晴れの日に傘を貸し、雨が降ったら傘を取り
上げる」と揶揄されることがありますが、金融機関は返せ
る見込みのない事業者にお金を貸してくれないのです。

しかし、事業を興してはみたものの、思いのほか売上が上
がらないということはよくあることです。また現在のよう
に新型コロナウイルス感染症の影響が社会全体に蔓延して
いる時期は、お店にもお客さんが来てくれず一層厳しい状
況でしょう。

7

「できるだけ借金には頼りたくない」「金融機関に支払う
金利コストはなるべく抑えたい」などの理由から無借金経
営をしようとする経営者もいますが、しかし結果的にお金
をうまくまわすことができず、廃業に追い込まれるという
ケースもよくある話です。

いかに事業が黒字でも、いざ会社にお金が無くなってしま
うと、支払いができなくなってしまい倒産します。勘定
合って銭足らず、いわゆる黒字倒産もその中の一つです。
それほど資金繰りというのは会社経営にとって重要なファ
クターなのです。

お金に余裕がなくなってくると、経営者の頭の中は、売上
を上げることや借入の返済のことで頭がいっぱいとなり余
裕がなくなってしまいます。焦りや不安に支配され、何か
ら手をつければよいのかわからなくなってしまいさらに売
り上げの低下を招き借入の返済もままならなくなってしま
うのです。

逆に現金が潤沢にあったならば、スタッフや社員に気を配
る時間がとれたり、サービスや商品を改善するなどの手を
打てたかもしれません。結局、実際に事業が動き出しては
じめて、やることの多さに気が付くことになります。

そして、上記の統計で見たように、十分な手を打てないま
ま夢半ばにして廃業せざるを得なくなる企業も多々ありま

8

す。そうならないためにも、事業を継続させていくための
対策は非常に重要だと言えます。





Copyright © 融資の窓口 All Rights Reserved.